• ルミネはたの眼科

ICL(眼内コンタクトレンズ)とは

ICL(アイシーエル・眼内コンタクトレンズ)とは、ソフトコンタクトレンズのような柔らかい素材でできたレンズを目の中に入れて、近視や乱視を治療する新しい視力矯正手術です。矯正できる度数の幅も広く強い近視や乱視の方にも適しています。 ※ 眼内コンタクトレンズの英名「インプランタブルコンタクトレンズ」を略してICL治療。


  • 目の中に入れたICLレンズは交換などメンテナンスをする必要はなく、半永久的に使用できるのが特徴で、「永久コンタクトレンズ」とも呼ばれています。

  • コラマーという特殊な素材でできており、紫外線をカットする効果もあります。

  • 角膜を削る手術(レーシック)と異なり、目の中に入れたレンズを取り出せば元の状態に戻すことができます。

  • レーシックで一定の割合で生じる近視の戻りがICLではほとんど生じず、長期的に安定した視力を維持できます。

  • また、レーシックで矯正が難しい強度の近視や円錐角膜などにも対応しており、質の高い見え方を実現します。

  • レンズの進化に伴い、従来必要とされていた虹彩切除が必要なくなり、白内障等の合併症のリスクも減少し、より安全度の高い手術となりました。

ルミネはたの眼科では大学病院の屈折矯正手術専門医師との合同チームにて手術を行っています。 北里大学神谷教授(ICLの第一認者)が執刀します。



こんな方にお勧め

  • 高度近視の方

  • 角膜が薄い方

  • 円錐角膜の方

  • ドライアイの方

  • レーシックが受けられない方

  • 角膜を削る手術を受けたくない方

  • スポーツを楽しみたい方

  • 仕事などでメガネの使用が難しい方


ルミネはたの眼科 オフィシャルサイト:https://ha-ta-no.jp/operation/icl.html

お問い合わせはこちらから